Category Archives: 日々の出来事

来年は不動産収入により300万円位税金を納めることになりそう

現在、確定申告の準備中だが、ざっくり2020年に収める不動産関係で得た所得税と住民税は300万円となりそうだ。サラリーマン収入に対する税金を加えると税金総額はもっと増える。

 

昨年は譲渡所得があったので、倍くらい税金を納めている。ああ、税金地獄から逃れたい。

 

あっ、そうだ。昨年、顧問税理士と契約したので、すぐに節税方法を相談してみよう。

今年も税金で苦しみそう

あけましておめでとうございます。

 

さて、年末年始の休みを使って、確定申告の準備のため、溜まっていた1年分のデータを入力しました。

 

その結果、今年も税金で苦しみそうなことがわかりました。。。(涙)

 

ちなみに、2019年は2018年に売却したアパートの譲渡所得利益で税金支払いに苦しみました。

 

そして、2020年は2019年の賃貸経営の不動産所得で利益が出て税金支払いに苦しみそうです。

 

ざっくり、2020年の所得税と住民税で300万円。2019年の税金の約半分です。

 

今年も一年間で稼ぐキャッシュフロー上の利益がすべて税金で飛びそうなので、依然として現金リッチにはなりそうにありません。

 

台風被害は保険対象になりそう

台風の影響で、アンテナとシャッターが壊れてしまい、修理の見積をお願いした。

アンテナは約5万円、シャッターは約40万円だった。

かなり高額なので、保険会社に相談したところ、現状の写真や申請書類を提出すれば、保険の対象になるとのことだった。

ちなみに、この保険金で修繕した場合の仕分けだが、資産計上して毎年償却するか、一括償却処理するかは、今年の全体収支が確定してから判断しようと思う。

 

不動産経営9年目で顧問税理士と契約

不動産経営は平成23年10月から始めているので、今年の10月で9年目になる。

 

今まで、確定申告は青色申告会の指導を受けながら、自分で弥生ソフトを使って対応していた。

 

しかし、青色申告会から、そろそろ顧問税理士をつけた方が良いとのアドバイスを受けた。そこで、ネットで調べたり、不動産会社から紹介してもらったりして、最終的には自らが不動産オーナーである税理士と顧問契約することにした。

 

契約内容は、自分で仕分け記帳する前提で、何かあった時の相談、アドバイス、確定申告時のチェックなどで月額10,000円だ。この金額で確定申告書の税理士欄に署名捺印、万が一の税務調査対応と考えればメリットは大きい。

 

台風の影響でシャッター破損

先日の台風で、入居者からシャッターが閉まらくなったと連絡があり、業者に見てもらった。

 

台風から時間が経っているのは、同じような事象が多く、業者が忙しいためだ。

 

そして、見積金額は、修理ではなく、全交換の必要とのことで、約50万円程度だった。

 

さすがに、この金額を全額支払うのは厳しいため、自然災害保険で支払ってもらえないか保険会社に相談しようと思う。