大田区アパート物件売却② 提示された購入価格は・・・

 

大田区AP を好条件でよいので譲ってほしいと言われたものの、今は売却しないと断った。しかし、その好条件とは、どんなものか気になり、参考までにいくらかと不動産会社に連絡してみた。

 

すると、不動産会社はXXXX万円です。その金額は私が購入したときの金額よりも約1000万円ほど高かった。普通なら即売却だが、私が購入した当時は、東日本大震災から1年も経っておらず不動産価格が最安値だったので思い切って購入した。ただ、震災の影響で毎日が不安だった。そのため、プラス1000万の提示をされても、あまり嬉しくなかった。

 

私は、その程度なら、焦って売る必要はないと言って断った。

 

大田区アパート物件売却① 購入希望者者が自宅を訪ねてきた

 

約6年前、不動産経営で初の一棟物にチャレンジした大田区AP 。これは、ウイング社からのお勧めで購入した物件だ。駅から5分程度。旗竿型の土地だが45坪、計6部屋あり、各部屋は広く、ロフトも付いている。

 

この物件を購入したいと、ある購入希望者が不動産会社を通じて、なんと、直接自宅に現れた。

私が自宅前で洗車しているところに、「チドリンさんですか? 私、センチュリー21のXXです。突然ですが、実は、ご所有物件のアパートの近くの方から、ある事情で、ぜひ購入したいと依頼されまして、かなりの好条件で・・・」

 

という話を聞いたが、私は、「今は売る考えはない」とキッパリと断り、帰ってもらった。

しかし・・・

何となく、その好条件とは、幾らくらいなのだろう?と思った。

 

高グレードの区分マンション⑩ ハプニングあるも決済終了

 

先日、決済のため、売主と買主(私)と銀行員と司法書士がウイング社に集まった。

私は必要書類に記名、捺印を行い、銀行から言われた書類と司法書士から言われた書類を提出した。

 

最後の書類の手続きが終了次第、銀行員が必要書類を直ぐに銀行へ持って帰り、銀行内の手続きするという段取りだった。

しかし、なんと銀行員は誤って司法書士の書類まで持って帰ってしまい、登記手続きができなくなる事態が起きてしまった。

すぐに、銀行員の携帯に電話したが、電車に乗っているので繋がらない。

 

やっと連絡がついたのは、その銀行員が銀行に戻ったときだった。

 

それから、すぐに必要書類をウイング社に戻って来てもらった。その銀行員もバツの悪そうな顔をしていたが、これで、司法書士の登記手続き書類が整った。なんとも珍しいケースだった。

 

数日後、無事に手続きが終了し登記完了報告が郵送されてきた。

 

高グレードの区分マンション⑨ 融資結果が出た

 

知人2人が所有する区分マンションを同時に2戸購入しようと銀行に融資打診したが、銀行の融資検討時間が長く、知人1名から売り止めの連絡があったので、銀行には1戸で融資を再検討してもらっていた。

 

そして、やっと、銀行から、頭金1割、定期積立、保証料30万円、金利1.5%、融資期間30年という連絡が来た。初回取引の割には、意外と好条件という感想だ。

 

その後、ウイング社にて売買契約、決済等の段取り打ち合わせを行った。

 

高グレードの区分マンション⑧ 売主の気持ち変化で売り止め

 

二人の知人から紹介を受け、2戸同時に融資打診をしていたが、銀行の審査に時間がかかっていた。

 

そうこうしているとき、売主の一人から連絡があり、別の人に売りたいとの連絡があった。私は、いろいろ事情を聞いて、何とか思い改めるよう説得したが、私が支払おうとした金額よりも、もっと高い金額で取引ができるとのことで説得は失敗に終わった。

 

そして、翌日、売主の気持ち変化を仲介業者のウイング社に伝えると、すぐに、銀行に報告しておきますと言われた。後日、ウイング社より、銀行としては購入条件が変わったので、融資審査にさらに時間がかかりそうだとの連絡があった。

 

確かに条件が変わったので、融資審査に時間がかかるのかもしれないが、そもそも、銀行の審査に時間がかかったので売主の気持ちが変化したのは、銀行のせいだろうと思うが、まあ仕方がない。