高グレードの区分マンション⑤ 2戸同時融資打診の結果

 

知人T氏より江東区ワンルームを購入するため銀行に融資打診中、知人S氏より川口市の1Kの売却話があり、同じ銀行で融資を打診することにした。売主は異なるが、いわゆるバルク購入ということになる。

 

そして、銀行担当者に打診したところ、「おおむね問題ないだろう」という返事をもらった。ただ、最終承認を得るには長期休暇を取っている上長の休み明けになるので、それから改めて返事をするとのことだった。

 

高グレードの区分マンション④ もう1戸も同時購入を検討

 

江東区ワンルームを購入しようと金融機関に融資を打診している最中、別の友人より埼玉の川口にある1DKのマンションを買わないか?との話が合った。

 

そのマンションはライオンズマンションで、購入当初は2,500万円くらいしたという。しかし、25年以上経過していること、そして、知人の残債が400万円ということもあり、売価は400万円でよいという好条件だ。私は即答で購入する意思を伝えた。

 

そして、江東区ワンルームの融資を打診している金融機関に追加で川口のマンションもお願いしたいと仲介のウイング社に相談したところ、1戸よりも2戸の方が金融機関も取り組みやすいので、それで進めましょうとなった。

 

高グレードの区分マンション③ 金融機関見つかる

 

いつもは、地元の信用金庫から借り入れを行うが、今回の物件は、営業エリア外ということで、ウイング社より金融機関を紹介してもらうことにした。

 

そして、数日後、候補となる金融機関が見つかったということで、必要書類の提示を求められ、すぐに提出した。

 

借入総額がX億円を超えているので、心配だったが、ウイング社の話では、たぶん、大丈夫だろうとのことだった。

 

融資の可否は1週間くらいかかるとのことで、しばらく、待ちとなった。

 

高グレードの区分マンション② 売買価格決定

 

知人のワンルームマンションを購入するにあたり、売買価格の相談をした。

 

知人は、その物件を約5年前に購入した。当時は東日本大震災の直後ということもあり、物件価格は比較的低くかった。

 

しかし、最近は不動産価格が上昇はしているものの、金融機関の融資が厳しくなり、買いたくても変えない状況になっていること、そして、購入から5年を経過していることを考慮し、知人が購入したときの価格+αで譲ってもらうことになった。

 

ただ、そうはいっても、融資が下りなければ、買うことが出来ないので、ウイング社に金融機関を急いで探してもらうことにした。

 

高グレードの区分マンション① 購入検討

 

知人が所有している高グレードのワンルームマンションを購入しよう計画中だ。

このマンションは、私が知人に不動産会社を紹介し、知人が購入した物件だ。

場所は江東区にあり、最上階の物件なので、海の眺めもよい。

そして、築年数も10年程度で新しく、賃貸状況も継続して埋まっている優良物件だ。

自宅を購入したばかりだが、近いうちに、友人と金額交渉して、今年中に購入しようと思う。